自律神経が関与する症状や疾患

自律神経失調症

自律神経失調症と燃え尽き症候群【大阪の心斎橋の鍼灸と整体】

燃え尽き症候群は頑張りすぎた反動で無気力、心身的な自律神経失調症状が出る状態です。疲弊した心身をやすめ自律神経の乱れを整え、まずは頑張りすぎた自分を労わる事が大切です。これは一種のうつ病として考えられておりストレスが多い方に発症が多いと考えられています。うつ病と同じように物事に興味がなくなりひきこもることもあります。
自律神経失調症

自律神経失調症に似た転換性障害というストレス疾患について

転換性障害はストレスや葛藤が原因の一つと考えられているので環境調整と精神療法が主な治療法になっている。 心と体は相関関係をもとに、自律神経を整え体を緩める事で心の緊張を解く鍼灸なども取り入れる事で症状が楽になる事例もある。 本人が抱えている隠された葛藤やストレスを明らかにして解決できる問題から解決していく事も必要。
自律神経失調症

自律神経失調症やパニック障害でみられる「病気不安症」とは【大阪の心斎橋の鍼灸と整体】

わずかな身体的症状や通常の体の変化であっても重病のサインではないかと考える。ストレスや過労も要因の一つ。不安を根気よく取り除くことが大切。薬物療法を行いたくない場合や増やしたくない場合は鍼灸や整体、認知行動療法などのカウンセリングで補っていきます。
自律神経失調症

自律神経失調症治療薬の離脱症状について【大阪の心斎橋の鬱病対応の鍼灸整体院】

安定剤をやめると動悸などの症状が出る事がありますがこれは症状悪化ではなく薬の離脱症状の可能性があります。自律神経失調症は成功体験や自己重要感が症状改善に大きく作用するので離脱症状を症状悪化と考えると自信を失くし希望を失う事はよくありません。
自律神経失調症

自律神経失調症を悪化させるパワハラとブラック企業について【大阪の心斎橋の鬱病に対応できる鍼灸院】

パワハラのある会社に居続けると自律神経失調症や鬱病になりやすいので、よく行われている全人格労働や自己啓発的な洗脳を抜け出して、心身に負担のない働き方を選択するべき。ブラック企業で行われる働かせ方や洗脳の言葉を解説
自律神経失調症

食欲不振の対策とセルフケア【大阪の心斎橋の鍼灸と整体~自律神経失調症や機能性ディスペプシアにも対応】

【まとめ】食欲不振の予防方法、セルフケアは疲労やストレスを避け自律神経が乱れないように注意し、食事は飲み込みやすく加工することが大切。 セルフケアのツボは中脘(ちゅうかん)、足三里(あしさんり)です。 疲労やストレス...
自律神経失調症

自律神経失調症でも見られる食欲不振の原因

《本記事のまとめ》 食欲不振の原因は大きく分けて「心」「胃腸の自律神経」「病気」「薬」の4つに分けられます。 「食べたい気持ちはあるが量が食べられない」 「食べたい気持ちが自体が起こらない」 ...
自律神経失調症

自律神経失調症でも見られる食欲不振の症状とは【大阪の心斎橋の鍼灸と整体~機能性ディスペプシアや摂食障害にも対応】

食欲不振には程度があり軽度のものから ①量があまり入らない。 ②無理して食べるても、すぐ満腹になる。 ③全く食べたくなく食事を見るのも嫌となります。 ②や③は特に要注意で早急に専門家へ...
自律神経失調症

自律神経失調症で見られる食欲不振とは?【大阪の心斎橋の鍼灸と整体~パニック障害や機能性ディスペプシアにも対応】

食欲不振とは、食べ物を食べたいという生理的な欲求が低下したり失われた状態です。「食欲低下」「食欲減退」「食思不振」等と表現されます。 食欲不振と自律神経 なんとなく食欲がないというのは誰しもが一度は経験したことがあると思...
自律神経失調症

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュ等の自律神経症状の改善方法【大阪の心斎橋の鍼灸と整体~更年期障害やパニック障害にも対応】

自律神経失調症でよく見られるのぼせやほてりについての解説です。 のぼせ、ほてり、ホットフラッシュとは のぼせは顔や頭などの上半身が熱くなりカーッと頭に血がのぼる感覚の事を言います。 また冷えのぼせとして下半...