jiritsusinkei/ 2月 13, 2019/ 眼精疲労/ 0 comments

眼精疲労とは休んでも回復しない目と全身の症状のことを指します。

 

デスクワークなど目を使う作業を続けることで、

 

目の症状だけでなく全身にまで症状があらわれ、目を休めたりや睡眠をとっても回復しない状態を眼精疲労と言います。

 

眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現します。

 

目は何かを見る時に

カメラのレンズのようにピントを調節する働きのある「水晶体」で、

 

見ようとしている物にピントを合わせています。

 

この水晶体を調節しているのが「毛様体筋」と呼ばれる筋肉です。

 

この毛様体筋が水晶体を引っ張ったり緩めたりしてレンズの厚さを調節しているのです。

 

長時間のパソコンやスマホをじっと見ているとき、毛様体筋はずっと緊張し続けています。

 

それが継続すると毛様体筋が筋肉疲労を起こしてしまい目が疲れてしまうのです。

 

このピントを調節する毛様体筋は自律神経によってコントロールされています。

 

パソコン作業などで目を酷使して毛様体筋が疲れると、

 

自律神経に影響しバランスが乱れてしまい、全身の色んな場所に症状があらわれると考えられています。

 

近年では、パソコンやスマートフォンなどを使い長時間作業を行う事も多く

 

VDT症候群(Visual Display Terminals症候群)という病名も付けられるようになってきました。

 

眼精疲労もこのVDT症候群の自律神経症状のひとつとして発症する人も増えています。

 

疲れ目と眼精疲労とVDT症候群の違い

 

「疲れ目」は目が疲れて目がかすむ、乾く、充血する、目の奥が重いなど

目の症状だけ現れます。

 

睡眠を取って翌日起きた時にスッキリしていれば病気には含まれません。これは「疲れ目」です。

 

しかし休息や睡眠をしっかりとっても疲れ目の症状が常にあり

 

肩こり、頭痛、めまい、手指のしびれ、全身に及ぶ症状があるものは

 

「眼精疲労」になります。

 

「VDT症候群」は眼精疲労の症状に加えて倦怠感、無気力、イライラ、抑うつ、不眠など精神症状も現れます。

 

軽い眼精疲労では、朝はよく見えるが、夕方にスマホの画面が見にくくなる「スマホ老眼」や、

 

目の毛様体筋を使いすぎたことにより、一時的に目の調節力が低下する「仮性老眼」などがありますが

 

目の奥の痛みが強くなかなか取れない

 

頭痛がする

 

吐き気がする

 

手がしびれる

 

光がまぶしい

 

涙があふれ出る

 

などの症状がある場合は重度の眼精疲労の可能性があるため専門家に相談したほうがいいでしょう。

 

眼精疲労は、何かしらの処置をしなければ自然には治ることは考えにくいです。

 

不快な症状続くことがさらに状態を悪化させることもあります。

 

背後にストレスや自律神経の乱れが存在し症状をさらに複雑化させてしまう事もあります。

 

目そのもや体の病気が隠れていない事がはっきりした場合は

構造の問題ではなく機能の問題となります。

 

機能や作用は自律神経がコントロールしていますので、

 

「ただの目の疲れ」と軽く考えず、根本的な処置を視野に入れる必要があります。

 

 

当院の特徴

 

痛みの少ない鍼灸と整体です。

 

当院では優しく心地よく、でもポイントは外さない施術を心がけ

 

苦しむ日々から抜け出すお手伝いをします。

 

当院では一人ひとりに合わせた施術を行います

 

体質がそれぞれ違うようにうつの症状もそれぞれ違います。

 

薬のようにすべてのひとに同じものを提供しても意味はありません。

 

そのために大切にしていることは、

 

あなたの体質やライフスタイルに合わせた施術やご提案をすることです。

自律神経を整えます

 

当院では意味のない姿勢矯正や骨格調整は一切行いません。

 

心身の不調は自律神経が大きく関わっています。

 

当院では、全身の鍼はもちろん、

 

日本ではあまり行われていない、本場中国の頭の鍼を取り入れたハイブリッドな鍼灸と整体で施術し

 

自律神経の安定を図りストレスに耐える4つの力「活動力」「免疫力」「自己治癒力」「バランス力」を高めます。

 

メンタルデトックス効果があります

自律神経が安定しカラダの緊張が解けると、

 

溜まっていた不快な感情は循環とともに浄化されやすくなります。

 

当院では、

 

「自らバランスを調整する力」

 

「寝れば回復するカラダ」

 

「不安を希望に変えるココロ」

 

を高める事を目指しています。

 

LINEからご予約ご相談の方は初診料が無料になります。

 

ご相談のみでもご遠慮無くどうぞ。

 

登録しただけでは、あなたのアカウント名も一切こちらには表示されませんのでご安心下さい

LINE:ID検索はこちら

「@zpp2077b」

 

上の「ラインで予約する」をクリックするか

 

左のバーコードを読み込む事

店鋪LINEアカウントに登録できます。

 

自律神経失調症、うつ、パニック障害、メンタル不調、ストレスなどからくる痛み、しびれ、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、動悸、肩こり、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群、副腎疲労などの症状を

厚生労働大臣認可の鍼灸整体師が施術致します。

病院や整骨院が合わなかった方や心療内科やカウンセリングや名医にかかったが合わなかった方も

薬を減らしたい方、断薬を目指している方も

諦める前に一度ご連絡ください。

鍼灸整体LampCoco~ランプココ大阪

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10-18 

ナサプライムハウス本館10階1002号室

 完全予約制  深夜も出張可 
日常のブログ:プライベート⇒
メニューページ:鍼灸と整体の料金⇒

ランプココのTOP PAGEへ⇒当院は肥後橋や堀江や靭公園や新町や京町堀や阿波座や長堀や四ツ橋などの西区、

心斎橋や本町や淀屋橋や北浜や難波や天満橋や谷町や谷町六丁目や谷町四丁目や松屋町などの中央区、

大阪の梅田や南森町や天満や中之島や天神橋などの北区、

福島や玉川などの福島区、

勝山や真法院町や清水谷町や松ヶ鼻町や上本町などの天王寺区、

港区、浪速区、鶴見区など大阪市内、

豊中市、吹田市、堺市など大阪市外からくる方が多いです。

県外では奈良、和歌山からも来られています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*