自律神経失調症に似た転換性障害というストレス疾患について

自律神経失調症と転換性障害自律神経失調症

まとめ

転換性障害はストレスや葛藤が原因の一つと考えられているので環境調整と精神療法が主な治療法になっている。

心と体は相関関係をもとに、自律神経を整え体を緩める事で心の緊張を解く鍼灸なども取り入れる事で症状が楽になる事例もある。

本人が抱えている隠された葛藤やストレスを明らかにして解決できる問題から解決していく事も必要。

 

転換性障害とは

 

転換性障害は、心の葛藤やストレスが、精神ではなく体に症状として表現されるので転換性という言葉を用います。

 

検査では体には異常はないが、感覚や意識的に動かそうとしたときの動かしにくさ、運動機能に異常が見られます。

 

「精神疾患の診断・統計マニュアルDSM-Ⅳ-TR」では身体表現性障害という葛藤やストレスが体に表現される疾患が分類されていますが、転換性障害はこの身体表現性障害の中の一つに分類されます。

 

転換性障害は女性に多い

 

女性のほうが男性よりも多いと言われています。年齢的には10歳くらいから35歳くらいに多いと考えられています。

 

転換性障害の症状

 

手足が動かなくなったり身体の一部に力が入らなくなったりします。

発声や、飲み込みなど意識して動かす動作ができなくなり、痙攣をおこすこともあります。

 

また運動機能だけでなく感覚機能の症状が出る場合もあります。

視力低下、聴力低下、触覚低下、痛覚低下、嗅覚や味覚の異常などがその例です。

 

ただ転換性障害の運動機能障害は自分の意識によって動かせる随意筋の異常なので、意識で動かすことが出来ない内臓などの不随意筋に運動障害が出る事はありません。

 

注意点としては脳やそこからの神経の物理的な問題でも似た症状が出るため、その点の区別は必ず必要です。

転換性障害と脳や神経疾患では症状の出る部分に違いがあります。

脳からの神経は支配領域が決まっている為、脳や脳からの運動神経に問題がある場合は解剖学的に明快な場所に症状が出ます。

 

しかし転換性障害の場合は神経が支配している領域とは違う場所に症状が出たりします。解剖学的な位置と一致しません。また転換性障害だと症状に一貫性がありません。

 

転換性障害の原因

 

ストレスや心理的葛藤が転換性障害を引き起こすきっかけのひとつとして考えられていますがその他原因としてはまだ解明されていない所も多く、研究が続けられています。

 

転換性障害が良くなるには

 

現在、転換性障害を治療できる薬はないとされています。現状としては環境調整と精神療法が主な治療法になっています。

 

心の緊張を解く事はとても有効と考えられていますので、自律神経を整える事も大事です。環境調整は外部環境だけではなく体や心などの内部環境も対象となります。

 

心と体は相関関係がありますので、体を緩める事で心の緊張を解く鍼灸なども取り入れる事で症状が楽になる事例もあります。

 

また転換性障害の背景にうつ病が隠れていることもありますので本人が抱えている隠された葛藤やストレスを明らかにして解決できる問題から解決していく事も必要です。

コミュニケーションや表現が苦手な方や知的障害をもった方の場合は葛藤の表現が苦手なこと事が多い為、特に配慮が必要です。

 

転換性障害の方の家族や周囲の人の対処法

 

家族や周りの人たちが、「甘えやわざと演技しているのではないか」といった批判的な気持ちを抱く場合があります。転換性障害の方は普段からこのような批判的な気持ちにさらされ続けている為、家族や身近な人がそう思っていることを察知しやすく、そのことが新しいストレスとなり症状が悪化します。

 

そのため家族や周りの人たちはこのような病気が実在することを認め、疑わず、治療に時間がかかることを知ることが必要です。

クライアントの声

当院をご利用頂き、誠にありがとうございます。 今までにご来院頂いた皆様から、様々なご意見・ご感想を頂戴しております。 ご覧になられる場合は、下記Google口コミ(現在口コミとして一番信用の高いのがGoogleクチコミになります。Googleはヤラセの口コミを嫌いますので認証がありますし、某有名飲食クチコミサイトのように悪いクチコミは載せれないといった事はありません。そのため現在では他の口コミサイトより信憑性が高くクライアント様のみならず私たち鍼灸師が良い鍼灸院を探すときに利用する主流になっています。 よりご覧いただけますので、ぜひ当院への評価をご確認ください。

下記画像をクリック↓

スマホの方はこちらをクリック⇒GOOGLE口コミ LINEからご予約ご相談の方は初診料が無料になります (施術料のみで受けれます)。 ご相談のみでもご遠慮無くどうぞ。 登録しただけでは、あなたのアカウント名も一切こちらには表示されませんのでご安心下さい LINE:ID検索はこちら 「@zpp2077b」 上の「ラインで予約する」をクリックするか 左のバーコードを読み込む事 店鋪LINEアカウントに登録できます。

自律神経失調症、うつ、パニック障害、メンタル不調、ストレスなどからくる痛み、しびれ、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、動悸、肩こり、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群、副腎疲労などの症状を 厚生労働大臣認可の鍼灸整体師が施術致します。 病院や整骨院が合わなかった方や心療内科やカウンセリングや名医にかかったが合わなかった方も 薬を減らしたい方、断薬を目指している方も 諦める前に一度ご連絡ください。 鍼灸整体ランプココ自律神経大阪心斎橋院

 完全予約制   ランプココのTOP PAGEへ⇒ 当院は肥後橋や堀江や靭公園や新町や京町堀や阿波座や長堀や四ツ橋などの西区、 心斎橋や本町や淀屋橋や北浜や難波や天満橋や谷町や谷町六丁目や谷町四丁目や松屋町などの中央区、 大阪の梅田や南森町や天満や中之島や天神橋などの北区、 福島や玉川などの福島区、 勝山や真法院町や清水谷町や松ヶ鼻町や上本町などの天王寺区、 阿倍野区、港区、浪速区、鶴見区など大阪市内、 豊中市、吹田市、堺市、松原市、東大阪市、岸和田市、柏原市、八尾市、和泉市など大阪市外からくる方が多いです。 県外だと和歌山、奈良、三重、兵庫(尼崎、塚口、武庫之荘、西宮、神戸、宝塚)、滋賀、福岡、東京、千葉、神奈川から来られている方もいます。

関連記事

自律神経失調症
大阪の心斎橋や難波で自律神経失調症やパニック障害の鍼灸院と整体院ならランプココ

コメント