jiritsusinkei/ 3月 29, 2018/ メンタル編│自律神経の整え方/ 0 comments

いまさら言うことでもありませんが、私達は

 

できることならストレスなくいきいきと生きていきたいと思っています。

 

しかし私達はいきいき生きることを望む割には

 

そのために必要な呼吸を無視し、

 

踏み出すことを恐れ

 

感じることも忘れてしまっています。

性格は肉体で表現される

 

また性格というのは心だけでなく

 

体でも表現されていることも忘れてしまっています。

 

 ココロとカラダは表裏一体で一つです。

 

別々に分けることは出来ません。

 

東洋医学では当然の考え方であり心身一如と言いいます。

 

性格の指標としてのカラダ

 

ところが現代の性格の研究はココロにのみ注目し、

 

カラダとの関係を見ていません。

 

(逆にカラダの研究ではココロの影響をほとんど無視しています。)

 

人のからだをよくみていると、

 

その人の性格について多くの情報がある事が分かります。

 

姿勢や目つきをはじめ、 あごや頭の構え方や、 肩の位置、声のトーン、しぐさなどが

 

私達が無意識に反応している部分です。

 

これらは性格指標の一部になります。

 

これらの身体表現はその人を分析する要素ですので

 

心理分析では性格分析に使われたりもします。

心を変えるにはまず体から

 

当院の治療はココロとカラダは機能のうえで同じであるという考えに基づいています。

 

(ただし姿勢や骨盤や骨の歪みは性格や症状に関係ありません)

 

よく生きづらさやメンタル疾患の原因は考え方のクセや性格のクセであり、

 

それを変えなさいと説く本や心理士がいますが、

 

ココロだけ変えようとしてもなかなかうまくいきませんよね。

 

それはカラダ自身が変わることを拒絶しているからです。

 

変わることをカラダが受け入れやすい状態にしてあげないと抵抗にあってしまうのです。

 

性格やココロの状態を変えるにはカラダの機能を変える必要があるということです。

 

これに関して重要な機能は吸』き』です。

 

ストレスや精神的な要因でダメージを受けている人は、

 

慢性的な筋肉の緊張が起こりこの2つの機能が停滞しています。

 

これらの緊張はストレスやトラウマが自律神経の乱れとして

 

カラダの表面にした表出したもので、

 

このストレスやトラウマが緊張を通してカラダを固定化させ

 

呼吸と動きを停滞させています。

 

鍼灸や整体で自律神経を整えこれらの緊張を解放することで

 

間接的にストレスやトラウマが解消されます。

 

そうすることで考え方や性格のクセを改善しやすくなるのです。

 

LINEからご予約ご相談の方は初見料が無料になります。

 

ご相談のみでもご遠慮無くどうぞ。

 

LINE:ID検索はこちら

「@zpp2077b」

 

上の「ラインで予約する」をクリックするか

 

左のバーコードを読み込む事

店鋪LINEアカウントに登録できます。

 

 

自律神経失調症、うつ、パニック障害、メンタル不調、ストレスなどからくる痛み、しびれ、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、動悸、肩こり、過敏性腸症候群などの症状を

厚生労働大臣認可の鍼灸整体師が施術致します。

病院や整骨院が合わなかった方や心療内科やカウンセリングや名医にかかったが合わなかった方も

薬を減らしたい方、断薬を目指している方も

諦める前に一度ご連絡ください。

鍼灸整体LampCoco~ランプココ大阪

 

 完全予約制  深夜も出張可 
日常のブログ:プライベート⇒
メニューページ:鍼灸と整体の料金⇒

ランプココのTOP PAGEへ⇒当院は肥後橋や堀江や靭公園や新町や京町堀や阿波座や長堀や四ツ橋などの西区、

心斎橋や本町や淀屋橋や北浜や難波や天満橋や谷町や谷町六丁目や谷町四丁目や松屋町などの中央区、

大阪の梅田や南森町や天満や中之島や天神橋などの北区、

福島や玉川などの福島区、

勝山や真法院町や清水谷町や松ヶ鼻町や上本町などの天王寺区、

港区、浪速区など大阪市内からくる方が多い院です。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*