jiritsusinkei/ 3月 16, 2018/ パニック障害/ 0 comments

パニック障害と薬の副作用についての記事です。

病院での一般的治療

 

薬物治療が一般的です。

 

脳内物質の変化としては

 

ノルアドレナリン(減少すると気力、行動力が低下)、

 

セロトニン(減少すると不安、焦燥感、落ち込み)、

 

GABA(神経の興奮や不安を鎮める働き)が指摘されているため、抗うつ剤を使用します。

 

抗うつ剤は即効性にかけるため発作に対して即効性のある抗不安薬も使用します。

薬の種類は以下になります。

 

抗うつ剤

抗うつ剤に関してはうつ病の時とほとんど同じで

 

SSRI 三環系抗うつ薬 SNRI NaSSAが使われます。

 

(四環系抗うつ薬はセロトニンへの働きがなく落ち込みや不安に対する効力が弱いため使われない傾向)
 

SSRI

 

現在パニック障害の薬では第一選択になっています。

 

パニック発作、予期不安、広場恐怖、うつに効果があると言われています。

 

パロキセチン(パキシル)

 

セルトラリン(ジェイゾロフト)

 

フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)強迫症にも用いる

 

SSRIが合わない方には以下が処方されます。

 

三環系抗うつ薬(SSRIでは効果が不十分な方に)

 

パニック発作、予期不安、広場恐怖に効果があるとされています。

 

イミプラミン(イミドール、トフラニール)

 

クロミプラミン(アナフラニール)

 

アモキサピン(アモキサン)

 

アミトリプチリン(トリプタノール、ノーマリン)
 

NaSSA(吐き気でSSRIが使えない方に)

 

ミルタザピン(リフレックス、レメロン)

 

SNRI(意欲低下が目立つ方に)

 

意欲の低下や無気力、無感動、うつに効果があると言われています。

 

ミルナシプラン(トレドミン)

 

デュロキセチン(サインバルタ)
 

抗不安薬(ベンゾジアゼピン抗不安薬)

 

抗うつ薬は効果の実感までに時間がかかりますが、

 

抗不安薬では不安や緊張感、恐怖感に対して即効性が期待できます。

 

そのため抗うつ薬が効いてくるまでの症状緩和の為に使われます。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は以下です。

 

神経の興奮や不安を鎮めるGABAの働きを高めます。

 

ロラゼパム(ワイパックス)・・・水なし服用可能、中間型で作用時間は12~20時間程度、効果のピークは1~3時間

 

クロナゼパム(リボトール ⁄ ランドセン)・・・長時間型で作用時間は12~20時間程度、効果のピークは1~8時間

 

ブロマゼパム(レキソタン)・・・中間型で作用時間は12~20時間程度、効果のピークは1~3時間

 

エチゾラム(デパス)・・・短時間型で作用時間は3~6時間程度、効果のピークは1時間未満

 

アルプラゾラム(ソラナックス ⁄ コンスタン)・・・中間型で作用時間は12~20時間程度、効果のピークは1~3時間

 

ロフラゼプ酸エチル(メイラックス)・・・さらに長時間型で作用時間は100時間以上。

一日中効果があるので、予期不安に対して使われます。

 

パニック障害で使用するその他の薬

β遮断薬プロプラノロール ⁄ カルテオロール(インデラル ⁄ ミケラン)・・・狭心症や高血圧の治療薬ですが

 

不安に伴う動悸や頻脈、めまい、震えなどを抑える為に使うこともあります。

 

パニック発作そのものを改善する効果はありません。

 

 

スルピリド(アビリット・ドグマチール・ミラドール)

 

気分安定薬・・・双極性障害も併せ持つ場合に一緒に使うこともあります。

 

薬の副作用

薬の副作用や依存性については指摘されてきています。

三環系抗うつ薬

副作用が非常に強く、過度の服用により命の危険もあると一部では言われています。

 

過剰摂取は危険です。

 

吐き気

 

口が渇く

 

めまい

 

便秘や排尿障害

 

眠気

 

胃腸障害などです。

 

SSRI

 

最初の数週間は気分が悪くなり不安が強まることがあります。

 

三環系抗うつ薬より副作用は少ないとされています。

 

しかし性機能を妨げる可能性があります。

 

また攻撃的になる事例があり事件として報告されています。

 

自殺念慮(自殺を考える)自殺企図のリスクがあります。

 

SNRI

 

SSRIの副作用に似ています。高血圧の発作を引き起こすこともあります。

 

自殺念慮(自殺を考える)自殺企図のリスクがあります。

 

NaSSA

 

SSRIの副作用に似ています。眠気と体重の増加を引き起こします。

 

ベンゾジアゼピン系抗不安薬

 

依存性が高く眠気やだるさ、記憶障害を引き起こすことがあり注意が必要です。

 

β遮断薬

 

不眠やだるさ、吐き気など

 

離脱症状

 

離脱症状とは薬をやめようとしたり減らそうとすると襲ってくる症状の事を言います。

 

三環系など初期の抗うつ薬にも見られますが、

 

副作用が少ないというキャンペーンのもと広まった新型の抗うつ薬であるSSRIでの離脱症状が

 

特にSSRI離脱症候群と言われ、

 

やめることが困難であることを示しています。

 

症状は

 

かぜ様症状(インフルエンザのような)

 

不眠

 

吐き気

 

ふらつき

 

感覚障害

 

食欲障害

 

悪夢

 

めまい

 

しびれ

 

電気ショック感覚

 

感覚異常

 

攻撃性

 

不安

 

妄想

 

幻覚

 

その他

 

製薬会社の戦略

アメリカでも日本でも新薬の特許期間は20年です。

 

特許が切れると、同品質の後発製品があらわれ、売れなくなってしまうため、

 

製薬会社はこの期間の内に売りつくし、最大限の利益を得ようとします。

 

抗うつ薬も同じく、1980年代後半に副作用が少ない手軽な新薬として

 

SSRIが宣伝されアメリカで広まりました。

 

日本でも99年に販売が開始されると、

 

製薬会社は「うつかもと思ったらすぐ病院へ行くように」

 

「うつは全て脳内物質の問題」と宣伝するようになりました。

 

すると、軽いうつ症状の人も病院を受診する事が増え、

 

統計的にはうつ患者数が99年には44万人だったのが、2005年には92万に増えていました。

 

長年抗うつ剤の副作用に警笛を鳴らしてきたイギリスのバンガー大学教授の精神科医デイビッド・ヒーリーはこう述べています。

 

「SSRIの導入後、製薬会社のキャンペーンにより医師を受診する人が急増し、

 

SSRIの売上も急激に伸びる。これは先進国共通の現象だ。」

 

抗うつ剤(SSRI)による事件

アメリカで60代男性が妻と娘と孫を射殺した後に自殺した事件の訴訟で、

 

2001年に犯行はSSRIの副作用が原因であったことが認められ、

 

製薬会社に640万ドルの損害賠償請求が認められました。

 

2009年には厚生労働省がSSRIに攻撃性の副作用があることを認め、

 

添付文書にその旨を記す事を求めました。

 

自殺念慮のリスク

欧米の規制当局がSSRI SNRIなど抗うつ薬全般の科学的検証を行ったところ、

 

自殺念慮(自殺を考えること)自殺企図のリスクが高まることが証明されました。

 

そのため一時は18歳未満への使用が禁止されていました。

»パニック障害のまとめ完全版の記事

»パニック障害チェックシート

»パニック障害とは何かの記事

»パニック障害の原因と体の特徴の記事

»パニック発作のセルフケアと対策の記事

»パニック障害と食事の記事

»パニック障害の薬と副作用の記事

»パニック障害の薬以外の対処法と間違った施術法の記事

»パニック障害が良くなるための5つのポイントの記事

当院の特徴

当院の独自性です。

 

痛みの少ない鍼灸と整体です。

 

当院では優しく心地よく、でもポイントは外さない施術を心がけ

 

苦しむ日々から抜け出すお手伝いをします。

 

当院では一人ひとりに合わせた施術を行います

 

体質がそれぞれ違うように症状もそれぞれ違います。

 

薬のようにすべてのひとに同じものを提供しても意味はありません。

 

そのために大切にしていることは、

 

あなたの体質やライフスタイルに合わせた施術やご提案をすることです。

自律神経を整えます

 

当院では意味のない姿勢矯正や骨格調整は一切行いません。

 

心身の不調は自律神経が大きく関わっています。

 

当院では、全身の鍼はもちろん、

 

日本ではあまり行われていない、本場中国の頭の鍼を取り入れたハイブリッドな鍼灸と整体で施術し

 

自律神経の安定を図りストレスに耐える4つの力「活動力」「免疫力」「自己治癒力」「バランス力」を高めます。

 

メンタルデトックス効果があります

自律神経が安定しカラダの緊張が解けると、

 

溜まっていた不快な感情は循環とともに浄化されやすくなります。

 

当院では、

 

「自らバランスを調整する力」

 

「寝れば回復するカラダ」

 

「不安を希望に変えるココロ」

 

を高める事を目指しています。

 

LINEからご予約ご相談の方は初診料が無料になります。

 

ご相談のみでもご遠慮無くどうぞ。

 

登録しただけでは、あなたのアカウント名も一切こちらには表示されませんのでご安心下さい

LINE:ID検索はこちら

「@zpp2077b」

 

上の「ラインで予約する」をクリックするか

 

左のバーコードを読み込む事

店鋪LINEアカウントに登録できます。

 

自律神経失調症、うつ、パニック障害、メンタル不調、ストレスなどからくる痛み、しびれ、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、動悸、肩こり、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群、副腎疲労などの症状を

厚生労働大臣認可の鍼灸整体師が施術致します。

病院や整骨院が合わなかった方や心療内科やカウンセリングや名医にかかったが合わなかった方も

薬を減らしたい方、断薬を目指している方も

諦める前に一度ご連絡ください。

鍼灸整体LampCoco~ランプココ大阪

 

 完全予約制  深夜も出張可 
日常のブログ:プライベート⇒
メニューページ:鍼灸と整体の料金⇒

ランプココのTOP PAGEへ⇒当院は肥後橋や堀江や靭公園や新町や京町堀や阿波座や長堀や四ツ橋などの西区、

心斎橋や本町や淀屋橋や北浜や難波や天満橋や谷町や谷町六丁目や谷町四丁目や松屋町などの中央区、

大阪の梅田や南森町や天満や中之島や天神橋などの北区、

福島や玉川などの福島区、

勝山や真法院町や清水谷町や松ヶ鼻町や上本町などの天王寺区、

港区、浪速区など大阪市内からくる方が多い院です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*