jiritsusinkei/ 1月 27, 2018/ 頭痛/ 0 comments

頭痛の薬と副作用についてです。

頭痛の一般的な病院での対応

 

片頭痛の急性期の対応は薬が中心になっています。

 

一般的には

 

①アセトアミノフェン

 

②非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)・・・ロキソニンやボルタレンなどが商品名

 

③エルゴタミン

 

④トリプタン

 

⑤制吐薬

 

⑥鎮静麻酔薬

 

⑦副腎皮質ステロイド

などです。

 

まず軽度ではNSAIDsをい

 

中等度ではトリプタンを使い

 

重症度では鎮静麻酔薬や副腎皮質ステロイドを使うのが一般的なようです。

 

薬の副作用

薬の副作用と問題点をあげていきます。

薬の副作用

 

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)の副作用

 

消化器症状

 

腹痛、吐き気、食欲不振、消化性潰瘍など

 

喘息発作(アスピリン喘息)

 

腎機能障害(急性腎不全)尿量が少なくなる、発疹むくみ、体がだるいなどの症状

 

肝障害

 

低血圧

 

心血管障害

 

妊婦に使用できない

 

トリプタン系の副作用

 

頚やのど、胸、肩の締め付け感や圧迫感に痛みや息苦しさといった不快感

 

服用後20~30分で出現することが多い。

 

胸部だけでなく後頭部や後頚部の締め付け感や圧迫感を訴える方もいます。

 

めまいや動悸や吐き気

 

眠気や倦怠感や体の痛みなどがでる場合もあります。

 

その他は動悸、一過性の血圧上昇やじん麻疹、発疹などがあります。

 

トリプタンの飲み過ぎは薬物乱用頭痛を引き起こす原因になると言われていますので注意が必要です。

 

エルゴダミンの副作用

 

食欲不振吐き気、胃部・腹部不快感嘔吐がみられることがあります。

 

まれですがめまいや手足のしびれ眠気が起こることもあります。

 

副腎皮質ステロイドの副作用

 

感染しやすくなる(免疫低下)

 

ステロイド糖尿病

 

精神障害

 

骨そしょう症/無菌性骨壊死

 

消化性胃潰瘍

 

軽い副作用だと肥満、、妊娠線、不眠ニキビ、食欲亢進、生理異常、多毛症

 

などが起こることがあります。

鎮痛剤の複数服用による薬物乱用頭痛

頭痛を抑えるために連日のように頭痛薬を飲んでいると、

 

逆に痛みに敏感になってしまい薬物乱用頭痛になってしまうことがあります

 

あまり耳にすることが少ないかと思いますが、近年増加傾向にあります。

 

最初は月に1回か2回だったのが、段々と増えていき毎日になり、

 

1日に何回も飲むようになると危険です。

 

 

片頭痛の発作は月に6回程度ですが、

 

薬物乱用頭痛になると月15回以上起こります。

 

もし頭痛薬を飲んでいるのに痛みの頻度が上がるようでしたら薬剤性の頭痛かもしれません。

 

また薬の飲み過ぎは自律神経を乱しますので胃腸障害を引き起こすことが多いです。

 

薬剤性の頭痛は治りにくいと言われていますので、気をつけてくださいね。

 

日本頭痛学会による薬物乱用頭痛のレポートはこちら→

 

片頭痛に市販の頭痛薬は効かない!?

 

皆さんも片頭痛になったときに

 

市販の薬を飲んでも効果がなかった経験があるのではないですか?

 

その理由は簡単です。

 

偏頭痛は血管の収縮と拡張の自律神経の反射が原因ですが、

 

市販の薬にはそこに作用する成分が入っていないことが多いからです。

 

その為服用を繰り返し薬物乱用頭痛を引き起こす事があります。

薬以外の治療法

 

鍼灸や整体

どのタイプの頭痛もココロかカラダもしくはその両方からくるストレスが

 

自律神経を乱したことが大きな原因になっています。

 

薬の飲み過ぎは自律神経を乱し

 

胃腸障害やその他のトラブルを引き起こすことがありますが、

 

鍼灸や整体は副作用がなく自律神経を根本から整え安定させます。

 

自律神経をいたわりながら治療する必要のある方には最適な方法です。

 

食事療法

特に片頭痛は食事によって症状が悪化したりします。

 

上記の悪影響のある食べ物を避け、効果の高い食べ物を出来るだけ摂るようにしましょう。

頭痛のタイプの記事

頭痛で気をつける病気の記事

緊張型頭痛の記事【内容】原因、症状、診断基準、対処、予防

»片頭痛の記事【内容】原因、症状、診断基準、対処、予防、食べ物

»群発頭痛の記事【内容】原因、症状、診断基準、対処、予防

»頭痛の間違った対応の記事【内容】骨盤、歪み、姿勢

»頭痛が良くなるためにはの記事

»頭痛を良くする鍼灸の根拠の記事

当院の特徴

 

痛みの少ない鍼灸と整体です。

 

当院では優しく心地よく、でもポイントは外さない施術を心がけ

 

苦しむ日々から抜け出すお手伝いをします。

 

当院では一人ひとりに合わせた施術を行います

 

体質がそれぞれ違うようにうつの症状もそれぞれ違います。

 

薬のようにすべてのひとに同じものを提供しても意味はありません。

 

そのために大切にしていることは、

 

あなたの体質やライフスタイルに合わせた施術やご提案をすることです。

自律神経を整えます

 

当院では意味のない姿勢矯正や骨格調整は一切行いません。

 

心身の不調は自律神経が大きく関わっています。

 

当院では、全身の鍼はもちろん、

 

日本ではあまり行われていない、本場中国の頭の鍼を取り入れたハイブリッドな鍼灸と整体で施術し

 

自律神経の安定を図りストレスに耐える4つの力「活動力」「免疫力」「自己治癒力」「バランス力」を高めます。

 

メンタルデトックス効果があります

自律神経が安定しカラダの緊張が解けると、

 

溜まっていた不快な感情は循環とともに浄化されやすくなります。

 

当院では、

 

「自らバランスを調整する力」

 

「寝れば回復するカラダ」

 

「不安を希望に変えるココロ」

 

を高める事を目指しています。

 

LINEからご予約ご相談の方は初見料が無料になります。

 

ご相談のみでもご遠慮無くどうぞ。

 

登録しただけでは、あなたのアカウント名も一切こちらには表示されませんのでご安心下さい

LINE:ID検索はこちら

「@zpp2077b」

 

上の「ラインで予約する」をクリックするか

 

左のバーコードを読み込む事

店鋪LINEアカウントに登録できます。

 

自律神経失調症、うつ、パニック障害、メンタル不調、ストレスなどからくる痛み、しびれ、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、動悸、肩こり、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群、副腎疲労などの症状を

厚生労働大臣認可の鍼灸整体師が施術致します。

病院や整骨院が合わなかった方や心療内科やカウンセリングや名医にかかったが合わなかった方も

薬を減らしたい方、断薬を目指している方も

諦める前に一度ご連絡ください。

鍼灸整体LampCoco~ランプココ大阪

 

 完全予約制  深夜も出張可 
日常のブログ:プライベート⇒
メニューページ:鍼灸と整体の料金⇒

ランプココのTOP PAGEへ⇒

大阪府大阪市中央区南船場4丁目10-18

ナサプライムハウス本館10階 1002号室

当院は肥後橋や堀江や靭公園や新町や京町堀や阿波座や長堀や四ツ橋などの西区、

心斎橋や本町や淀屋橋や北浜や難波や天満橋や谷町や谷町六丁目や谷町四丁目や松屋町などの中央区、

大阪の梅田や南森町や天満や中之島や天神橋などの北区、

福島や玉川などの福島区、

勝山や真法院町や清水谷町や松ヶ鼻町や上本町などの天王寺区、

港区、浪速区など大阪市内からくる方が多い院です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*