jiritsusinkei/ 6月 11, 2020/ 自律神経失調症/ 0 comments

自律神経失調症でよく見られるのぼせやほてりについての解説です。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュとは

 

のぼせは顔や頭などの上半身が熱くなりカーッと頭に血がのぼる感覚の事を言います。

 

また冷えのぼせとして下半身は冷えを感じる方もいます。更年期障害の症状として有名ですが、自律神経失調症、パニック障害、鬱病などでも同じように症状が出る方がいます。

 

更年期障害も含めてのぼせ、ほてりは自律神経の症状だからです。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュの症状

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュは顔や頭など上半身が突然熱くなったり頭に血がのぼった感覚になります。

 

症状は、2~4分間持続する熱感や発汗を感じ、血圧変動はないままドキドキと脈拍が強くなる事もあります。

 

ほてりの範囲は顔から始まり頭や胸に広がっていく事が多いです。顔のみのほてりやのぼせ、発汗の場合もあります。

 

・突然カーっと熱くなる

・急に顔が紅潮

・ドキドキする

・汗が止まらないなどです。

 

また人によって下半身が冷えて、冷えのぼせとして体感される方もいます。

 

自律神経失調症やパニック障害などで状態が悪い方は、めまいや吐き気、頭重感なども伴う事があります。

 

顔面から始まり、全身に広がります。長いと、1時間程度症状が持続することもあります。

 

中には実際に微熱が一日中続く方もいます。膠原病など隠れた疾患が無い場合、ストレスや自律神経の乱れにやる自律神経失調症であることが多いです。

 

更年期障害と診断される方の場合は閉経前から症状が出始めます。

 

若い方でも自律神経失調症やパニック障害、鬱病自然閉経や卵巣摘出を受けた方を中心に女性の6割が症状を感じ、生活に影響がでるのはその中の1割程度とされています。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュの原因

 

年齢に関係なく基礎的な疾患が無い場合心理的ストレスによる自律神経の乱れが原因となっている事が多いです。

 

のぼせ、ほてりは末梢の血管の拡張と収縮をコントロールしている自律神経の乱れ、機能失調が原因と考えられています。

 

これは自律神経失調症を筆頭にパニック障害や鬱病でも見られます。代表的な更年期障害の症状の場合でもホルモンの関係から自律神経が乱れるので同じです。

 

更年期障害について言えば更年期自体女性にとってストレスがとても多い時期ですので、心理的なストレスと卵巣からの女性ホルモン(エストロゲン)分泌の急激な低下とが同時に起こり、脳の視床下部という自律神経中枢にある体温調節の機能が乱れのぼせ、ほてりなどが現れるのです。

 

更年期ののぼせにはエストロゲンを補うホルモン補充療法(HRT)だけでなく、自律神経調整剤や向精神薬が処方される事を見ても更年期障害が自律神経失調症であるとも言えます。

 

心理的ストレスが大きな原因となるためのぼせ、ほてりに対しては精神薬だけでなく精神療法を含めた抗ストレス療法が必要と考えられています。

 

東洋医学的にはストレスを受けると全身を循環する気や循環が停滞すると考え、それによって上から下へ巡る気と熱の流れが逆流する事がのぼせ、ほてりの原因と考えられています。

 

これを気の上衝、気逆、上逆と言います。

 

また風呂上りや暖かい部屋でのドライヤーの使用などが発作の引き金となることもあります。これはパニック障害の方にたまに見られます。

 

のぼせやすさに影響するライフスタイルとしてはストレス、運動不足で便秘がち、偏食や過食(肉類)刺激物(香辛料、アルコール類)を多く取っているなどもあります。

 

また冷えのぼせは冷え症の重度の状態と考えます。冷え症は温度差が大きい環境で体を冷やすことが影響して起こり典型的な症状が生理痛です。

 

まず血行不良が起こり、静脈のうっ血やリンパ管のうっ滞が起こりそれによって体の先の方からむくみます。この状態は水分代謝異常です。その時、体は本能的に手先や足先などの末端の体温を下げてでも頭の温度が下がらないようにします。

 

そのため血行不良→水分代謝異常→と冷えが続いていくと、頭が熱くなり、手先や足先との温度差が広がり冷えのぼせと感じます。

 

身体の中では自律神経(交感神経と副交感神経)が過剰に働いていますので自律神経失調症としての冷えと考えます。

 

冷えのぼせは、血行不良がありますので生理痛、PMSなども悪化しその他の様々な症状が現れます。

 

また冷えのぼせは、単純な冷え症に比べメンタルの症状、睡眠の障害が現れる事が多いです。
冷えのぼせの根本の原因である自律神経の乱れを改善しなくては良くなりません。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュの自律神経やメンタルへの影響

 

のぼせやほてりは気分や睡眠の状態に影響します。のぼせ、ほてりの原因になっている自律神経の乱れが、メンタルや睡眠の乱れにも繋がっているからです。

 

頭に熱がこもることで覚醒状態が続くため、夜に覚醒が止まらず自律神経の交感神経と副交感神経の切替がスムーズに出来なくなり、寝つきが悪くなり不眠になります。

 

また覚醒から過敏状態に発展しメンタルが疲弊していきます。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュで注意する疾患

 

のぼせ、ほてりの背後に疾患が隠れていないかは病院で必ず確認する必要があります。

 

高血圧、動脈硬化、糖尿病、熱中症や甲状腺機能亢進症、膠原病などの疾患がかくれている場合は、その疾患自体の治療も行う必要があるので病院での検査は必ず受けるべきでしょう。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュの対策とセルフケア

 

ホルモン以外の原因を探り、それを回避する事です。

 

着るものの通気性を良くしたり吸湿性が高い木綿のゆったりした洋服を選んだり、室内の換気を促したり、体に熱がこもらない環境を整えましょう。

 

また一番はリラックスの時間を作り心理的要因となるストレスを取り除く事が大切です。

 

ホットフラッシュやのぼせが出てしまったときは、腹式呼吸による深呼吸で呼吸を整え心と自律神経を鎮静化する様にしましょう。

 

また、辛い食べ物や刺激物も控える方が良いです。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュに対する対処

 

心理的ストレスが大きな原因ですので、のぼせ、ほてりに対して精神薬だけではなく精神療法や抗ストレス療法が必要と考えられています。

 

抗ストレス療法としては鍼灸や漢方など東洋医学が有効と考えられています。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュの病院での対応

 

「HRT」(ホルモン補充療法)、精神症状を抑える抗うつ薬、抗不安薬等が処方されることが多いです。

 

睡眠状態が悪いと熱がこもりやすいため睡眠薬の処方がある場合もあります。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュと薬の副作用

 

鬱病、パニック障害の記事でも書きましたが抗うつ薬、抗不安薬にはめまいなど副作用があります。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュの間違った施術

 

効果が無く危険である頸椎矯正などは厚生労働省からも注意喚起が促されている危険な手技です。

 

自律神経の乱れが原因ですので骨の歪みや骨盤の歪みや姿勢などは関係あります。

 

のぼせ、ほてり、ホットフラッシュに使われる漢方

 

気逆、上逆を押える加味逍遥散や女神散。 血の循環が滞った瘀血という状態に対しての駆瘀血剤、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯などが処方されることがよく見られます。

 

鍼灸の補助として有効と考えています。

 

鍼灸によるのぼせ、ほてり、ホットフラッシュに対する対処

 

鍼灸は自律神経に直接作用し興奮を抑え、上にこもった熱を引き下げてくれます。

 

鍼灸は覚醒を抑えるので睡眠が深くなり夜間の熱が下がり体を修復させ自己治癒力が高まります。

 

その自己治癒力が熱がこもったとしても自力で発散できる身体の循環を作っていくのです。

 

クライアントの声

 

当院をご利用頂き、誠にありがとうございます。

今までにご来院頂いた皆様から、様々なご意見・ご感想を頂戴しております。

ご覧になられる場合は、下記Google口コミ(現在口コミとして一番信用の高いのがGoogleクチコミになります。Googleはヤラセの口コミを嫌いますので認証がありますし、某有名飲食クチコミサイトのように悪いクチコミは載せれないといった事はありません。そのため現在では他の口コミサイトより信憑性が高くクライアント様のみならず私たち鍼灸師が良い鍼灸院を探すときに利用する主流になっています。

よりご覧いただけますので、ぜひ当院への評価をご確認ください。

下記画像をクリック↓

スマホの方はこちらをクリック⇒GOOGLE口コミ

 

当院の特徴

 

痛みの少ない鍼灸と整体です。

 

当院では優しく心地よく、でもポイントは外さない施術を心がけ

 

苦しむ日々から抜け出すお手伝いをします。

 

当院では一人ひとりに合わせた施術を行います

 

体質がそれぞれ違うようにうつの症状もそれぞれ違います。

 

薬のようにすべてのひとに同じものを提供しても意味はありません。

 

そのために大切にしていることは、

 

あなたの体質やライフスタイルに合わせた施術やご提案をすることです。


自律神経を整えます

 

当院では意味のない姿勢矯正や骨格調整は一切行いません。

 

心身の不調は自律神経が大きく関わっています。

 

当院では、全身の鍼はもちろん、

 

日本ではあまり行われていない、本場中国の頭の鍼を取り入れたハイブリッドな鍼灸と整体で施術し

 

自律神経の安定を図りストレスに耐える4つの力「活動力」「免疫力」「自己治癒力」「バランス力」を高めます。

 

メンタルデトックス効果があります

自律神経が安定しカラダの緊張が解けると、

 

溜まっていた不快な感情は循環とともに浄化されやすくなります。

 

当院では、

 

「自らバランスを調整する力」

 

「寝れば回復するカラダ」

 

「不安を希望に変えるココロ」

 

を高める事を目指しています。

 

LINEからご予約ご相談の方は初診料が無料になります

(施術料のみで受けれます)。

 

ご相談のみでもご遠慮無くどうぞ。

 

登録しただけでは、あなたのアカウント名も一切こちらには表示されませんのでご安心下さい


LINE:ID検索はこちら

「@zpp2077b」

 

上の「ラインで予約する」をクリックするか

 

左のバーコードを読み込む事

店鋪LINEアカウントに登録できます。

 

自律神経失調症、うつ、パニック障害、メンタル不調、ストレスなどからくる痛み、しびれ、めまい、耳鳴り、頭痛、不眠、動悸、肩こり、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群、副腎疲労などの症状を

厚生労働大臣認可の鍼灸整体師が施術致します。

病院や整骨院が合わなかった方や心療内科やカウンセリングや名医にかかったが合わなかった方も

薬を減らしたい方、断薬を目指している方も

諦める前に一度ご連絡ください。

鍼灸整体ランプココ自律神経大阪心斎橋院

 完全予約制  

メニューページ:自律神経鍼療の料金⇒

ランプココのTOP PAGEへ⇒

 

当院は肥後橋や堀江や靭公園や新町や京町堀や阿波座や長堀や四ツ橋などの西区、

心斎橋や本町や淀屋橋や北浜や難波や天満橋や谷町や谷町六丁目や谷町四丁目や松屋町などの中央区、

大阪の梅田や南森町や天満や中之島や天神橋などの北区、

福島や玉川などの福島区、

勝山や真法院町や清水谷町や松ヶ鼻町や上本町などの天王寺区、

港区、浪速区、鶴見区など大阪市内、

豊中市、吹田市、堺市、松原市、東大阪市、岸和田市、柏原市、八尾市、和泉市など大阪市外からくる方が多いです。

県外だと和歌山、奈良、三重、兵庫(尼崎、塚口、武庫之荘、西宮、神戸、宝塚)、滋賀、福岡、東京、千葉、神奈川から、海外はドイツ、香港から来られている方もいます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*